☆普段使いに使える今の食生活にあう作家ものの和食器と
こだわりのある雑貨を紹介しています。


★8,000円以上で送料無料
★8,000円未満で送料850円(一部地域を除く) 詳細はこちら

SINCE 2000.11.15

 Recommended Items


会員情報確認画面
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]
ご注文のお約束ごと
送料・支払方法
器の扱い方
ゆうパックお荷物検索
野田里美
中坊優香
古谷製陶所
(古谷信男/古谷浩一)
藤井憲之
福田英明
堂本正樹
山本泰三
渡辺均矢
大谷桃子
大久保弥一
八木橋昇
小山乃文彦
奥田章
廣川 純
ナカヤマ(株)
ラオス
木村硝子店
京都・白木屋
箸勝本店
サイトマップ
特定商取引法
陶器市カレンダー
 Cafe&Gallary
Hitorigoto ノート
簡単レシビ募集!

 Potter・Pottery


 Category


 小皿 | 中皿 | 大皿
 茶碗 | 急須 | カップ
 小鉢 | 中鉢 | 大鉢
 酒器 | 土鍋 | ガラス
 俎板 | お箸 | カトラリ
 小物 | ポスト

 Cooking photo


 洋風料理  和風料理  おつまみ料理   おやつ料理  煮物料理に  
 ワンプレートに  カレー料理に  スープ料理に  ライス料理に  麺料理に

 Selection



 Information


 2018/1/8 箸勝本店 再入荷! 1 2 3 4 5

1月簡単レシビ募集!!

(応募期限は1/1〜1/31
簡単レシビ当選者は
 熊本県 宮本様です。


 Hitrigoto


 干柿が美味しい季節になりました。干柿は柿の果実を乾燥させたドライフルーツで、その歴史は古く、平安時代の『延喜式』にお供え物のお菓子として登場したのが最初と言われています。
 甘柿の登場は鎌倉時代になってからですので、干柿は甘柿より古い歴史があることになります。それまでは渋柿のみだったため、生で食べることは難しいかったのです。その渋柿を天日に干しておいしく食べられるようにした先人たちの知恵に驚かされます。
 砂糖がなかった時代、干柿は蜂蜜と並んで貴重な甘味料でした。干柿の周りについている白い粉を集め砂糖のように使っていた時代もあったようです。
 通常の柿の糖度は10〜20%、干柿にすると40〜70%の糖度で、羊羹と同じほどあります。干柿の甘さは嫌味のない、品のある甘さ。そのためか、 干柿は和菓子の世界で『甘み』基準として古来より語りつがれています。『和菓子の甘さは干柿をもって最上とする』という教えです。和菓子の甘さが干柿をこえてしまうと甘すぎて風味を損なうという意味のようです。
 干柿は干し加減により2種類あります。生柿の水分を50%ほど乾燥させたものがあんぽ柿で柔らかい食感が特徴。あんぽ柿よりも更に乾燥させたものがころ柿(枯露柿)です。水分は、生柿の25〜30%まで乾燥したもので柿の回りに白い粉がついています。

※hitorigoto ノート
※Foodノート