藤井憲之作

G13-62 白磁象嵌ボール

サイズ  約w10×h9cm
定価4,860円 (1客 税込)




美しいフォルムに定評がある人気の陶芸家藤井憲之さんの白磁ボールです。縁が曲線を描き、胴には抽象的な象嵌模様。こんなボールに料理を盛るとぐっとムードがよくなって食事が楽しめそうです。

縁が薄いので直接口をつける吸出しにも向いてるし、酢の物、和え物、刺身などの和の料理もグレードアップ。サラダ、洋の前菜、スープなどを盛り付けてもいい。多用途に使えるので重宝しそうです。

象嵌とは素地の表面を鋭いもので彫り込んで模様を刻んだ後、その部分に呉須(ゴス)を埋めこんで模様をあらわす。最後に余分な部分を削り落として白磁釉を施したもので、とても手間がかかるものです。


象嵌模様は、一つの器に2つの模様が描かれています。
             (左の上の柄と下の柄)
手作りなので1点1点若干絵柄が違っていますので、ご了承くださいませ。
藤井憲之作
G13-62 白磁象嵌ボール
サイズ  約w10×h9cm
技法 青白磁(磁器)
定価:4,860円(1客 税込)

在庫:
数量:

すべてひとつひとつ丹念に製作した手づくりの作品ですので、形や大きさなど若干異なります。
色の出方なども焼き具合によって1点ごとに異なりますがご了承ください。

買物かごが動作しない場合は こちら



お問い合わせ