福田英明作

D23-21 灰釉重ね和皿

サイズ  約w15.5×h2.5〜4.3cm
定価:2,300 (1客 税込)



   
このお皿は『たたら作り』という技法で作られています。土のかたまりから板状に切りとって、折りたたんで作られたお皿です。折りたたむ際、少しずらしていますので、口縁も味わいたっぷりです。
使う前に水に浸すなど手間はかかりますが、煩雑に登場させたくなる存在感があります。

お造り、煮物など少しこんもりと盛り付けるとおもてなし風に。フルーツなどのデザートなどの洋風のセッティングでも違和感がありません。銘々皿として、取皿として・・・・ いろいろ使えそうな1枚です。来客時のちょっとした料理も品よく受けとめてくれます。

同じ焼締でも中国南部やタイ、ベトナムから渡ってきた焼締やその写しは南蛮(なんばん)と呼ばれています。このお皿は黒土にコンプレサーで灰釉がかけてあり味わいが増しています。灰釉のかかっていない中心の丸模様もユニークです。灰釉のでかたは1点ごとに違っていますのでご了承くださいませ。
CDと同じぐらいの大きさです。
福田英明作
D23-21 灰釉重ね和皿
サイズ  約w15.5×h2.5〜4.3cm
定価:2,300 (1客 税込)

在庫:
数量:

すべてひとつひとつ丹念に製作した手づくりの作品ですので、形や大きさなど若干異なります。
色の出方なども焼き具合によって1点ごとに異なりますがご了承ください。

買物かごが動作しない場合は こちら



お問い合わせ