1971年 京都生まれ。
3才の時、両親と共に信楽へ。
1994年 アメリカ、オレゴン州立大学 卒業 
1997年 信楽窯業技術試験場にて、釉薬、小物ロクロを習う。
1999年 両親の工房で製作活動。
大谷さんの工房は信楽の市内から一山超えたところにあります。静かで緑豊かな風景は、自然に恵まれた贅沢な環境です。空気も空の色も風の香りも違って感じられ、のんびりとした気分になります。工房から見える景色の素晴らしさはバツグンです。こんな場所だからこそ作陶に没頭できて、いい作品ができるのですね。

白化粧を施した上に葉をモチーフにした文様は、緑豊かなアジアを思わせる器で大谷さんの独自の世界です。土・釉薬の種類、焼き方で一枚一枚表情が違い、使い手の心をなごませ楽しい食卓にしてくれます。大谷さんの器をみていると女性作家さんならではのやさしさが伝わってきます。
(後ろの赤ちゃんは、娘さんの花ちゃんです。)

お問い合わせ