1967 熊本県に生れる
1992 常滑市立陶芸研究所修了
1996 常滑にて独立、築窯

小山乃文彦さんは、常滑の粉引作家で有名です。粉引といっても作家さんごとに粉引の種類がありますが、小山さんがお作りになる粉引は、クリームのようにしっとりとした滑らかな質感で、使いやすく洗練されたフォルムに定評があります。粉引の白に加えて、クリーム色かかった温かみのある白、鉄分、白化粧土のかけむら、指跡など。それぞれが邪魔せず、一つの景色になり、味わい深い粉引になっています。

小山さん曰く、『粉引は窯ごとに、また、同じ窯でも置く場所によっても表情が違ってきます。また、”土”によっても違ってきます。』と。。。小山さんの粉引は、土にこだわりがあり、常滑の山から自ら土を彫ってブレンドして作られたものです。とても研究熱心な方です。また、『粉引は、使っていくうちに色合いが少しずつ変わっていく特長があり、その景色を楽しんでほしい。』と。。。お客様には、シミ止めせず、お出ししています。

小山さんの工房は、常滑にある築100年の古民家を改装された建物で、薪ストーブがあるモダンなお住まいです。暖炉の設置すべて小山さんが担当。大工さんが施工したのではないかと思われるほどの出来栄えです。とてもお洒落な暮らしをなさっています。

お問い合わせ