☆普段使いに使える今の食生活にあう作家ものの和食器と
こだわりのある雑貨を紹介しています。


★10,000円以上で送料無料
★10,000円未満で送料870円(一部地域を除く) 詳細はこちら

SINCE 2000.11.15
 Recommended Items

新規会員登録
会員様ログイン
パスワード紛失
ご注文のお約束ごと
送料・支払方法
器の扱い方
ゆうパックお荷物検索
野田里美
中坊優香
古谷製陶所
(古谷信男/古谷浩一)
藤井憲之
福田英明
堂本正樹
山本泰三
渡辺均矢
大谷桃子
大久保弥一
八木橋昇
小山乃文彦
奥田章
廣川 純
ナカヤマ(株)
ラオス
木村硝子店
京都・白木屋
箸勝本店
サイトマップ
特定商取引法
陶器市カレンダー
 Cafe&Gallary
Hitorigoto ノート
簡単レシビ募集!

 Potter・Pottery


 Category


 小皿 | 中皿 | 大皿
 茶碗 | 急須 | カップ
 小鉢 | 中鉢 | 大鉢
 酒器 | 土鍋 | ガラス
 俎板 | お箸 | カトラリ
 小物 | ポスト

 Cooking photo


 洋風料理  和風料理  おつまみ料理   おやつ料理  煮物料理に  
 ワンプレートに  カレー料理に  スープ料理に  ライス料理に  麺料理に

 Selection



 Information


  2020/12/07 古谷製陶所 新作・再入荷! 1 2 3 
  2021/01/18 箸勝本店 再入荷! 1 2 3 4 

2021/02/16 更新

 Hitrigoto


 チョコレートの歴史は想像以上に古く、紀元前2000年頃までさかのぼると言われています。この頃のメキシコでは、カカオ豆は「神様の食べ物」として珍重されていました。
 16世紀のアステカの王達は、不老長寿の薬として金のカップで1日50杯も飲んでいたとか 。当時のチョコレートは、今とは違ってカカオ豆をすりつぶしたどろどろとした飲み物で、香りづけにトウモロコシの粉やバニラなどを加えて飲んでいました。カカオ豆は非常に貴重なもので、食べるだけでなく、通貨としても使われ、100粒で奴隷1人を買うことができたそうです。カカオの学名「テオブロマ・カカオ」とは、ギリシア語で「神様の食べ物」という意味です。
 ヨーロッパ人で初めてチョコレートと出合ったのは、コロンブスだと言われていますが、お気に召さなかったのか、本国に持ち帰ることはしませんでした。チョコレートをヨーロッパに伝えたのは、スペインのフェルナンデス・コルテス将軍です。(1519年)

(参照)チョコレート・ココア協会のHP
※hitorigoto ノート
※Foodノート

ぱすw