Recommended Items (おすすめアイテム)

Artists (作家から選ぶ)

Tableware Category (器の種類から選ぶ)

Cooking photo (料理から選ぶ)

 

Arrival information (入荷情報)


2022/05/10 渡辺均矢作 新作! 1
2022/05/24 古谷製陶所(古谷浩一) 新作! 
2022/05/27 箸勝本店 再入荷! 
2022/06/12 野田里美作 再入荷! 1 2
2022/06/20 古谷製陶所 新作!  
2022/07/07 野田里美作 再入荷! 1 2
2022/07/23 古谷製陶所 新作! 

Topic (トピック)

Touki-iti (全国陶器市カレンダー) | Cafe&Gallary(カフェギャラリー)

Outi-Gohan (おうちごはん)

Hitorigoto-note (Hitorigot ノート)

 

 冬瓜(とうがん)は漢字のイメージから冬の野菜と思われがちですが、夏に旬を迎える野菜です。涼しいところで丸ごと保存すれば冬までもつことからこの名前が付いたと言われています。
 原産地はインドで、日本には平安時代の書物『本草和名』で記載があるほど古くから親しまれてきた野菜です。最初は食用というより薬用植物として栽培され、江戸時代には一般的に食べられていたようです。
 冬瓜は、夏の薬膳にもよく使われる食材です。95%が水分で、低カロリー。カリウムや、ビタミンCなどの栄養素が含まれ、体内の余分な熱を取リ、利尿作用があるのでむくみを解消をしてくれます。
 皮は「冬瓜皮(とうがんひ)」とよばれ、実よりも強い利尿作用があります。種は「冬瓜子(とうがし)」と呼ばれ、肺の熱を冷まし痰をとるなどの効能があるとか。実だけでなく、皮も種も使うことができるなんて、驚きです。
 冬瓜は実の部分だけ料理に使っていましたが、皮のきんぴらなど使ってみようかと考えています。